包茎手術は皐月クリニック 診療現場からの報告|嵌頓包茎(かんとんほうけい)自力で治す

受付時間 9:00~21:00(年中無休) / 無料相談・診察実施中 / フリーダイヤル 0120-329-902

無料カウンセリング予約

診療現場からの報告

診療現場からの報告

嵌頓包茎(かんとんほうけい)自力で治す

嵌頓包茎(かんとんほうけい)は、包皮先端の口の部分が狭く亀頭を露出せさせようとすると
<亀頭や陰茎に締めつけがあるタイプ>の包茎のことを言います。

嵌頓包茎(かんとんほうけい)を自力で治せますか?とご相談をいただく事が多くございます。
結論から先にお伝えしますと、残念ですが嵌頓包茎は自力で治すことはできません。

幼少期は成長と共に自然に包皮が伸びて治ることがありますが、
思春期を過ぎた18歳以降で自然に治ることはほとんどありません。
嵌頓包茎は時間をおくと状態が悪化することがある包茎です。

自力で無理に包皮をむくと、包皮の狭くなっている部分が裂傷(れっしょう)などを起こす事があります。
またそのような状態の方が包皮をむいたままにすると、勃起した際に、亀頭が首を絞めたような状態になったりし、浮腫(むくみ)ができ、もとに戻らなくなったりする事がございます。

自力で包皮を戻せるなら出来るだけ早く戻してください。
戻せない場合はクリニックで早目に戻してもらうようにしてください。

通常時は普通にむけるが勃起時はむけない、むけるけど締め付け痛みを感じると言った症状の方は、一人悩まず一度クリニックにご相談ください。

※注 
仮性包茎の方も、炎症や裂傷を繰り返すと、嵌頓包茎になる可能性があります。ご注意ください。
嵌頓包茎が悪化し、後天的な真性包茎になる場合もございます。
糖尿をお持ちの方は短期間で悪化する場合がございます。

イメージ画像

2021年03月 バックナンバー

【ご予約・ご相談は、お気軽にご連絡下さい。】 受付時間 9:00~21:00(年中無休) / 無料相談・診察実施中 / フリーダイヤル 0120-329-902

無料カウンセリング予約

人に言いにくいお悩み、ご相談ください