包茎手術・治療の皐月クリニック|包茎の種類

受付時間 9:00~21:00(年中無休) / 無料相談・診察実施中 / フリーダイヤル 0120-329-902

無料カウンセリング予約

包茎の種類

包茎の種類

包茎(ほうけい)は大きく別けて仮性包茎・真性包茎・カントン包茎の3種類です。包茎は病気ではありませが、そのまま放置してメリットになることは何もありません。包茎のペニスには雑菌が溜まりやすく、包皮炎をはじめとする感染症を引き起こしやすくなります。

仮性包茎(かせい ほうけい)

仮性包茎イメージ

仮性包茎は日本人に一番多い包茎のタイプです。通常は包皮が亀頭を覆っていますが、手でむけば簡単に露出させることが可能であるため、仮性包茎といいます。

勃起時はほとんど亀頭が自然に露出するものから、勃起時でも、 ほとんど皮を被った状態の仮性包茎まであります。

仮性包茎のデメリット
ペニスは、乾燥していることで衛生状態を維持してます。
仮性包茎の場合は、おしっこが皮の内側にたまったりするため、湿っている状態になりやすく、雑菌が繁殖してしまいます。
また包皮が戻る際に陰毛を巻き込んでしまうため、包皮や亀頭が傷つき、性病(亀頭炎・包皮炎)にかかるリスクも高まります。
また平常時に亀頭が包皮で包まれているため、包皮をむいた際に亀頭が敏感になり早漏の要因になっている事が多くあります。

真性包茎(しんせい ほうけい)

真性包茎イメージ

通常時・勃起時ともに全くペニスの皮を剥く事ができないのが真性包茎の状態。真性包茎のままでは正常なセックスは不可能です。

亀頭が包皮に常に覆われているため、亀頭の成長を妨げ、先細りのペニスになりがちです。すぐに治療することをお勧めします。

真性包茎のデメリット
真性包茎は常に包皮に覆われている為、恥垢(ちこう)が溜まり悪臭を発生させます。
日常生活に問題がないと感じていても、決して衛生的な状態とは言えません。
不衛生な状態が慢性化することで亀頭炎や包皮炎・性感染症のリスクが高まり、性行為にも支障をきたす場合が多くあります。
また癒着がおこって悪化する可能性もあります。

カントン包茎(かんとん ほうけい)

カントン包茎イメージ

カントン包茎は平常時に無理をすれば皮をむくことができますが、 包皮口が狭いため、亀頭の根元を締め付けてしまう状態となります。そのまま放置しておくと皮が戻らなくなり、 水ぶくれのように腫れてしまうケースもあります。

カントン包茎は早急に治療することをおすすめします。

カントン包茎のデメリット
カントン包茎は包皮の先端部分が狭く、無理に剥こうとすると痛みや裂傷が伴います。
亀頭を包皮が締め付けるためペニスが壊死してしまうリスクもあり、性行為・マスターベーションも出来なくなる可能性があります。

50代・60代・70代の方の包茎治療はこちら

包茎治療にこられる男性患者様の悩みの一例

  • 他人のペニスとどうしても比べてしまう。
  • 公共の場で他人に見られたくない。
  • 自分は包茎なので早漏ぎみかもしれない。
  • 常に皮がかぶっていてカスがたまる。
  • 成り行きの性行為でいやな顔をされた。

茎治療法(包茎の治し方)として最近さまざまな包茎矯正器具などがありますが、来院なさる患者様もやはり自分で包茎を治す目的で使われている方が多数おられました。すべての包茎矯正器具が悪いとはいいませんが、やはり一番効果的な治療法はわれわれ皐月クリニックにお任せください。

包茎が原因でかかりやすくなる病気

亀頭包皮炎
包茎が原因でなるケースも多い。亀頭や包皮がかぶれる。化膿する。
性病罹患
尿道炎、亀頭包皮炎。コンジローマ、梅毒は発見が遅れる。
陰茎癌
さまざまな要素がありますが、やはり不潔になってしまい、癌になる恐れも。
コンジローム
治しても何度も包皮内に多発するため、包茎手術をし除去するとその後再発はない。

【ご予約・ご相談は、お気軽にご連絡下さい。】 受付時間 9:00~21:00(年中無休) / 無料相談・診察実施中 / フリーダイヤル 0120-329-902

無料カウンセリング予約

人に言いにくいお悩み、ご相談ください