包茎手術は皐月クリニック 診療現場からの報告|仮性包茎は手術をしなくてもいい?

受付時間 9:00~21:00(年中無休) / 無料相談・診察実施中 / フリーダイヤル 0120-329-902

無料カウンセリング予約

診療現場からの報告

診療現場からの報告

仮性包茎は手術をしなくてもいい?

「仮性包茎なのですが手術は必要ですか?」という問い合わせがあります。
その質問に対しては「必要ではありません」とお答えしております。
ただ、仮性包茎(亀頭に包皮が被っている)の状態というのは常に包皮内に湿気が溜まりやすくなってます。この湿気が雑菌となり臭いや恥垢、それ以外の症状を呼び起こす原因になっているのは確かです。
毎日、清潔に洗っていても逃れることは出来ない事実です。
例えば、仮性包茎の方に多く見られるのは『毛を巻き込む』という状態です。こうなった場合、ほとんどの方は気持ちが悪いので手で毛を抜き出されてると思います。この時に包皮に小さな傷を作り、そこに先ほど説明した雑菌が入り込むと炎症を起こしたり、またそれより悪い症状を起こし、結果状態が悪くなったので治療が必要になるというケースも多くあります。
また仮性包茎の方のほとんどは見た目を(被っている事がかっこ悪い等)気にされた事があると思います。「寒いと縮こまって皮が被る」、「銭湯などに行った時は入浴前に自分で剥く」「ゴルフ後のサウナでは前を隠す」「性交渉後、裸でいると恥ずかしい」「被っている事でより小さく見える」等、様々だとは思いますが、これらも全て改善されます。
治療跡を気にされる方もいらっしゃいますが、当院の技術ではほとんどわからない状態まで仕上げる技術もございます。
参考になれば嬉しく思います。
包茎手術なら皐月クリニック

イメージ画像

2011年02月 バックナンバー

【ご予約・ご相談は、お気軽にご連絡下さい。】 受付時間 9:00~21:00(年中無休) / 無料相談・診察実施中 / フリーダイヤル 0120-329-902

無料カウンセリング予約

人に言いにくいお悩み、ご相談ください