長茎手術をお考えの方へ

受付時間 9:00~21:00(年中無休) / 無料相談・診察実施中 / フリーダイヤル 0120-329-902

無料カウンセリング予約

長茎

ペニスを長くする手術、短小を克服

ペニスの大きさや形に関するご相談を受けることがあります。
そもそも人と比べる所ではないのかもしれませんが、ふとしたときに大きさで見劣りしていると感じてしまうと、やはり放ってはおけないものですね。

情報誌やインターネット、風説的なものから日本人のペニスのサイズを聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、どれもサイズが異なります。実は、どこの国が発信する情報かによって、サイズが異なります。国のプライドなのかもしれません。
それはそれで、当院に相談にいらっしゃる方の平均サイズは平常時6.8cm、勃起時11.9cmです。気になる方はご相談ください。

長茎手術をするか、注入施術をするかなど十分にカウンセリングを実施します。

長茎手術の方法

ペニスを構成する海綿体は下腹部に3~5cmほど埋もれている部分があります。さらに下腹部に脂肪が多い方はそれ以上に埋もれてしまいます。これを形成外科的に外へ引き出し、また脂肪吸引を行うことで陰茎を長くすることができます。

1~5cm長くすることが可能で、この治療により余分な包皮が後退して、軽い包茎なら治ってしまうという利点もあります。
重度の包茎の場合は長茎術と同時に行うこともできます。

長茎概要図

皐月式長茎術

皮膚切開のデザインを工夫し、縫合した際に長茎効果が出るように手術しており、下記の剥離法、固定法、脂肪吸引を組み合わせて、その方に最適な方法で行う治療法です。

剥離法

ペニスを構成している主組織を陰茎海綿体といいますが、これは靱帯によって恥骨と結びついています。 剥離法は、その靱帯の一部を剥離し、体内に隠れていた海綿体を根元のほうから引き出して伸長をはかる方法です。

固定法

固定法は下腹部に皮下脂肪の多い人に適した方法です。たとえば太り気味の人の場合、はり出したおなかの脂肪にペニスが埋没し、全容がわからなくなっているケースがあります。

固定法は、根部を引き出し、それ以上埋没しないように補強・固定する方法です。脂肪が多い場合は脂肪除去を併用することでさらに効果は高くなります。

どちらかといえば、勃起時より平常時を重視した治療措置です。

術後について

  • 性行為は、術後1週間は禁止となります。
  • 入院又は、通院の必要はありません。
  • お風呂は、手術後間もなく間はシャワーのみとなります。

※術後に関しては途中経過により、個人差がありますのでその場合は医師の指示に従って下さい。

【ご予約・ご相談は、お気軽にご連絡下さい。】 受付時間 9:00~21:00(年中無休) / 無料相談・診察実施中 / フリーダイヤル 0120-329-902

無料カウンセリング予約

人に言いにくいお悩み、ご相談ください